ブログTOPへ お電話でご相談承ります! 0120-55-2505

カレンダー

  • 即納!1枚300円の激安不動産看板とは?

    01.jpg

    所有している物件の入居者募集や月極駐車場の借り手募集、売地の買い手募集や事務所の借り手募集など、不動産物件の募集宣伝を行う際の方法の一つとして、募集看板の活用があります。店舗やテナント、用地に直接看板を設置することで、前を通行する人に向けて募集内容を効果的に知らせることができます。

    しかし、ここで気になるのが不動産募集看板を設置するためにかかる費用ではないでしょうか。そこでこの記事では、不動産看板を設置するためにかかる費用の相場やコストを抑える方法、そしてGO!GO!不動産で扱っている激安の不動産看板について紹介を行っていきます。

    不動産看板を設置する際の費用相場


    入居者の募集やテナント募集、物件の買い手募集などのために設置する不動産看板の費用相場はどのくらいなのでしょうか。まずは看板設置にかかる費用の内訳から、その考え方を見ていきましょう。
     

    看板製作と設置にかかる費用の内訳

    看板を製作する際には、一般的にデザイン費と製作費がかかり、さらに場合によって設置費用が別途かかってくる場合があります。それぞれどの様な費用なのか詳しく解説していきます。

    02.jpg

    デザイン費

    デザイン費とは、看板をどの様なデザインにするのかを決めるためにかかる費用です。どこまでオリジナルのデザインを起こすのか、画像や写真の加工編集作業が含まれるのかなど、デザインのためにかかる手間によって大きく費用の目安が変動し、また業者毎に料金設定の幅も大きいため、一概に相場を算出するのは難しくなっています。

    しかし、オリジナルのデザイン作成を依頼するのであれば、少なく見積もっても3万円程度は見積もっておいた方がよいでしょう。

    製作費

    製作費は決定したデザインに基づき、実際に看板を作るためにかかる費用です。

    製作費を左右するポイントは、看板の大きさと素材の2つです。当然看板が大きければ大きいほど製作費は高くなります。また、素材も塩ビシートやプラ板といった安価なものであれば費用は抑えられますが、アルミや鉄骨などの高価な素材を使用すれば費用は高くなっていきます。また、LED照明などのオプション資材を使用するかどうかも、費用総額に影響します。

    小さな野立て看板なら数千円程度で製作できることもありますが、超大型の看板であれば製作費に数十万円かかるケースもあります。

    その他設置費用や人件費

    最後に、看板の設置を行うためにも費用が発生するケースがあります。

    購入者が自ら設置できる看板であれば設置費用はかかりませんが、業者に設置まで依頼する場合には、設置のための機材費や人件費がかかります。機材費の例としては、足場費用や電気工事費、クレーン車の費用や電気工事費などがあります。また、人件費は動員する人数や稼働時間により変動します。

    設置費用も0円~10万円以上と大きく幅があるといえるでしょう。
    野立て看板であれば、ラクラク看板シリーズならお客様ご自身で簡単に設置できるため、施工費がかかりません。

    ■ラクラク看板商品ページ:https://www.552103.com/group/rakuraku/all.php
     

    不動産看板は安価なものが多い


    不動産看板は安価なものが多い

    さて、看板の製作から設置までにかかる費用内訳を確認しましたが、製作する看板の内容によって価格の幅が大きいことが分かりました。それでは、不動産看板の場合はどうなのでしょうか。

    不動産看板の主目的としては、一般的にテナントや賃貸物件の借り手募集、物件の買い手募集などです。そのため、店舗や施設の宣伝やブランディングを行う看板に比べると看板に掲載する内容はシンプルなものとなり、募集内容さえ正確に伝われば問題ありません。必然的に凝ったデザインや華美な装飾は不要となります。

    また、該当物件の前に設置して通行人の目に止まればOKということがほとんどであるため、野立てや貼り付け、地面に直接設置するスタイルの看板となり、大きさもそれほど大きい必要はないでしょう。

    以上を踏まえると、不動産看板の費用相場は数千円~となることが一般的です。
     

    さらに安く不動産看板を購入するなら既製看板がおすすめ


    03.jpg

    物件の入居者募集等に使用する不動産看板は一般的には安価に製作できるということが分かりましたが、さらに費用を抑えたいという場合には、既製の看板を購入するという選択肢もあります。

    不動産看板は「入居者募集」「テナント募集」「貸店舗」「月極駐車場」など、使用目的が限られているため、デザインは既製のものでも対応が可能なケースが多くなります。そのため、募集内容や問い合わせ先などは自分で記入することで目的が達成できるため、特にデザインにこだわらないのであれば、デザインの手間や費用は抑えることができます。

    安くてすぐ届く募集看板をお探しならGO!GO!不動産の既製品募集看板を!


    01.jpg

    ここまでで不動産看板の費用相場を紹介しましたが、既製品看板で十分なのでできるだけ費用を抑えたいという方は、ぜひGO!GO!不動産で販売している既製品募集看板をご活用ください。

    当社の既製品募集看板は1枚300円(税別)と業界でもトップクラスに安価な価格設定となっており、ご注文の合計金額が10,000円(税別)以上の場合、送料も無料となっています。また、午前中にご注文いただいた場合には当日中に発送を行うため、お急ぎの場合にもぜひお気軽にお問い合わせください。(当日発送は、お支払い方法が代金引換、クレジット決済の場合のみに限ります。)

    看板は社名や電話番号、募集内容などを自由に記入できる形になっているため、自由度は抜群です。募集のタイトルは、無地のもの含め以下の21パターンが用意されており、どの様な用途にも対応可能です。

    ・入居者募集
    ・テナント募集
    ・貸店舗
    ・貸事務所
    ・ForRent
    ・売家
    ・売地
    ・貸家
    ・貸アパート
    ・貸マンション
    ・空室あり
    ・月極駐車場
    ・空車庫有り
    ・管理
    ・管理地
    ・貸倉庫
    ・貸工場
    ・貸ビル
    ・居抜き物件
    ・売物件
    ・無地

    また、看板は両面テープタイプとなっているため、シャッターやガラス等に直接貼り付けることができ、設置のための手間がかかりません。水に濡れても大丈夫なターポリン素材でできているため、屋外など風雨に晒される場所でも問題なく設置可能です。

    04.jpg

    詳しい仕様は下記をご確認ください。

    サイズ:450×600mm
    素材:ターポリン
    加工:裏両面テープ貼り
    タイトル:入居者募集、テナント募集など全21種類

    ■既製品募集看板商品ページ:https://www.552103.com/item/kibmi01-2c.php

    まとめ

    不動産募集看板を製作・設置するための費用相場と費用を抑える方法について解説しました。

    一般的に看板の製作を行う際には、デザイン費や製作費、設置費など様々な費用がかかってくるため、製作する看板の内容によっては、非常に大きな費用がかかることがあります。しかし不動産募集看板は仕様の目的が募集内容の宣伝のみというシンプルなものなので、デザインや製作にそれほどコストがかからず、数千円程度で設置可能でしょう。

    さらに、コストをより抑えたい場合には、既にデザインができており、必要情報を記入する既製看板がおすすめです。GO!GO!不動産では、業界最安クラスの1枚300円(税別)から不動産募集看板を販売しています。お急ぎの方もぜひお気軽にご相談ください。

    GO!GO!不動産では募集看板に用いる素材を変更できる製品も取り扱っているため、お気軽にお問い合わせください。

    お電話でのお問合せは下記フリーダイヤルまでお気軽にお問合せください。
    フリーダイヤル:0120-55-2505(受付時間:平日9時~17時半)

    ▼メールでのお問合せはこちら
    https://www.552103.com/inquiry.php