【お役立ち情報!】長持ちする のぼり の選び方

こんにちは!

みなさん、のぼりを設置するときに加工方法は何を選択していますか?

「まだ設置しておきたいのに、ほつれてしまった!」
「巻き上がってのぼりの文字が見えない!」

という経験はありませんか?


実は、設置する場所や設置する期間によって最適な加工方法を選ぶことが重要です。
では、どんな加工方法を選べば長持ちするのでしょうか?
今回は【長持ちするのぼりの選び方】ということで加工方法についてご紹介いたします。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------

●ヒートカット  低コスト・短期間設置にオススメ!

生地を熱で溶かしながらカットする方法で通常仕様となっております。
加工費用0円なので、納期とコストを重視する方にオススメです。
風の強い場所や、長期間の使用には不向きです。


386_2_expand.jpg

























●ほつれ防止(L字三巻縫製)  長期間設置にオススメ!

ヒートカットされた部分を折り返し縫製することで、生地のほつれを防止します。
追加費用は1枚当たり50円発生しますが、長期間での使用に適しています。


386_3_expand.jpg

























●巻き上がり防止(L字袋加工)  風の強い場所での設置にオススメ!

チチ(のぼりのポールを通す輪)の部分を袋縫いしてポールを通すことで、
風による巻き上がりを防止します。
追加費用は1枚当たり150円発生しますが、風の強い場所での設置に適しています。
また、見た目も良いです。

makiagari150.jpg

seti.jpg
























































ぜひ参考にしてくださいね!

▼のぼりのご注文はこちらから


▼その他のお役立ち情報を見る



◆もくじ◆




<のぼり・看板・幕の設置事例をもっと見る>



<よくある質問を見る>

<問い合わせをする> 気軽にお問合せください(*^▽^*)!



お取引企業様7,000社突破!
不動産・住宅関連会社様向け のぼり・看板・幕の専門店 GO!GO!不動産
工場直販だから実現できる低価格と、創業50年の歴史が培ったこだわり品質。

TEL:0120-55-2505
お電話でのお問合せは平日9時〜17時半



必ず役立つ!集客販促カタログ(全200ページ)
bn_form.png















【1枚9,800円から 建築現場のイメージシート(養生幕)】

【職人いらずの看板組立キット ラクラク看板】

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.552103.com/blog/mt-tb.cgi/355

コメントする

ブログTOPへ お電話でご相談承ります! 0120-55-2505

カレンダー

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29